個別指導塾で学ぶ際の注意点

先生が合わないと伸びない

個別指導塾は個別に教えてもらうことができるのが特徴です。そのため、先生とマンツーマンなのですが、先生と合わないと成績が伸びないことがあります。そう考えると、先生が重要になります。選べるのであれば、合う先生を指名することが大事です。ただ、システムとして選ぶことができないかもしれません。それであれば合う先生に当たるまで、代えてもらうことも検討しましょう。成績が伸びない先生に教えてもらっても、塾に行く意味がなくなります。自分に合う先生を見つけるまで代わってもらえれば、成績向上につながるのです。ただ、先生が嫌だから代わってほしいとなれば、塾側は交代をしない可能性もあります。代えてもらうなら、成績を向上させる目的で依頼します。

授業を上手く進めるためには予習が重要

個別指導は集団と違って、一人のために時間が使われます。予習をしていなければ、それだけで大きな時間のロスになるのです。予習をする時間を作ると、指導する時間は大幅に削られます。先生は予習をしてくることを前提に授業を組み立てていますので、それがないだけで大きく進みかたが違うのです。そのようなロスが続くと、しっかり説明する時間などがなくなり、理解できない授業になることもあります。そう考えると、予習をしないことは自分に返ってくるのです。特に時間をかけたい分野のときに前回のことを復習した上で、予習をしておけば理解度は高いです。その理解を前提にしている先生は多いので、できていないと個別指導であってもカバーしきれないかもしれません。